>  > Crave フィット GK3 3点セット クレイブ

Crave フィット GK3 3点セット クレイブ

2.23.04.04.2 (current)In development:4.4 (devel)Unsupported:1.82.02.43.23.4

Site Tools

Trace: 1 トリガーの設定
This translation is older than the original page

Crave アリスト フィット GK3 3点セット ウェッズ クレイブ

and might be outdated. See what has changed.

jp:manual:config:triggers:trigger

1 トリガーの設定

概要

トリガーを設定するには、次のことを行ってください。

  • [設定]→[ホスト]を選択
  • ホストの列にある[トリガー]をクリックしてください。
  • 右側の[トリガーの作成]をクリックしてください(または、トリガー名をクリックして、既存トリガーを編集してください)。
  • フォームにトリガーのパラメータを入力してください。

設定

トリガーのタブには、すべての必須トリガー属性があります。

依存関係のタブには、すべてのトリガー依存関係属性が表示されます。

[追加]をクリックすることで新しい依存関係は追加できます。

既存のトリガーをオープンし、複製ボタンを押して異なる名前で保存することによって、トリガーを設定することもできます。

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、

Crave フィット GK3 3点セット クレイブ

、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。



Except where otherwise noted, content on this wiki is licensed under the following license: CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
© 2001-2019 by Zabbix SIA. All rights reserved.
{yahoojp} {zabbix.com}
パラメータ説明
名前 トリガー名を設定します。
名称にはサポート対象マクロが使用できます: {HOST.HOST}, {HOST.NAME}, {HOST.CONN}, {HOST.DNS}, {HOST.IP}, {ITEM.VALUE}, {ITEM.LASTVALUE}および{$MACRO}.
>

Zabbix Documentation 2.2

2.23.04.04.2 (current)In development:4.4 (devel)Unsupported:1.82.02.43.23.4

User Tools

Site Tools

Trace: 1 トリガーの設定
This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

jp:manual:config:triggers:trigger

1 トリガーの設定

概要

トリガーを設定するには、次のことを行ってください。

  • [設定]→[ホスト]を選択
  • ホストの列にある[トリガー]をクリックしてください。
  • 右側の[トリガーの作成]をクリックしてください(または、トリガー名をクリックして、既存トリガーを編集してください)。
  • フォームにトリガーのパラメータを入力してください。

設定

トリガーのタブには、すべての必須トリガー属性があります。

パラメータ説明
名前 トリガー名を設定します。
名称にはサポート対象マクロが使用できます: {HOST.HOST}, {HOST.NAME}, {HOST.CONN}, {HOST.DNS}, {HOST.IP}, {ITEM.VALUE}, {ITEM.LASTVALUE}および{$MACRO}.
$1, $2…$9のマクロを使って、条件式の1番目、2番目….9番目の定数を参照することができます。
)比較的簡潔でわかりやすい条件式における定数を参照する場合には、$1-$9マクロが正確に決定します。例えば、「 {HOST.NAME}上で$1を上回るプロセッサ負荷」の名称は、条件式が{New host:system.cpu.load[percpu,avg1].last(0)}>5の時には、自動的に「新しいホスト上で5を上回るプロセッサ負荷」に変更されます。
条件式 トリガー状態の計算に使用する論理条件式を設定します。
複数の障害イベントの作成 当該オプションをチェックすることによって、トリガーの「障害」評価ごとに、イベントが作成されるように設定します。
説明 当該トリガーについての詳細情報を提供するためのテキストフィールドを設定します。特定の障害の対処方法、責任者の連絡先等を記載することができます。
Zabbix2.2から、説明にトリガー名と同じマクロセットを含めることが可能です。
URL 空白でない場合には、ここで入力したURLは、[監視]→[トリガー]からトリガー名をクリックすると、リンクとして使用することができます。
トリガーURLフィールド-{TRIGGER.ID}で、マクロを1つ使用することができます。
深刻度 ボタンをクリックして、目的のトリガー深刻度を設定します。
有効 必要な場合には、このボックスのチェックを外してトリガーを無効にしてください。

依存関係のタブには、すべてのトリガー依存関係属性が表示されます。

[追加]をクリックすることで新しい依存関係は追加できます。

既存のトリガーをオープンし、複製ボタンを押して異なる名前で保存することによって、トリガーを設定することもできます。

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。



Except where otherwise noted, content on this wiki is licensed under the following license: CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
© 2001-2019 by Zabbix SIA. All rights reserved.
, $2…$9のマクロを使って、条件式の1番目、2番目….9番目の定数を参照することができます。
)比較的簡潔でわかりやすい条件式における定数を参照する場合には、

、>

Zabbix Documentation 2.2

2.23.04.04.2 (current)In development:4.4 (devel)Unsupported:1.82.02.43.23.4

User Tools

Site Tools

Trace: 1 トリガーの設定
This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

jp:manual:config:triggers:trigger

1 トリガーの設定

概要

トリガーを設定するには、次のことを行ってください。

  • [設定]→[ホスト]を選択
  • ホストの列にある[トリガー]をクリックしてください。
  • 右側の[トリガーの作成]をクリックしてください(または、トリガー名をクリックして、既存トリガーを編集してください)。
  • フォームにトリガーのパラメータを入力してください。

設定

トリガーのタブには、すべての必須トリガー属性があります。

パラメータ説明
名前 トリガー名を設定します。
名称にはサポート対象マクロが使用できます: {HOST.HOST}, {HOST.NAME}, {HOST.CONN}, {HOST.DNS}, {HOST.IP}, {ITEM.VALUE}, {ITEM.LASTVALUE}および{$MACRO}.
$1, $2…$9のマクロを使って、条件式の1番目、2番目….9番目の定数を参照することができます。
)比較的簡潔でわかりやすい条件式における定数を参照する場合には、$1-$9マクロが正確に決定します。例えば、「 {HOST.NAME}上で$1を上回るプロセッサ負荷」の名称は、条件式が{New host:system.cpu.load[percpu,avg1].last(0)}>5の時には、自動的に「新しいホスト上で5を上回るプロセッサ負荷」に変更されます。
条件式 トリガー状態の計算に使用する論理条件式を設定します。
複数の障害イベントの作成 当該オプションをチェックすることによって、トリガーの「障害」評価ごとに、イベントが作成されるように設定します。
説明 当該トリガーについての詳細情報を提供するためのテキストフィールドを設定します。特定の障害の対処方法、責任者の連絡先等を記載することができます。
Zabbix2.2から、説明にトリガー名と同じマクロセットを含めることが可能です。
URL 空白でない場合には、ここで入力したURLは、[監視]→[トリガー]からトリガー名をクリックすると、リンクとして使用することができます。
トリガーURLフィールド-{TRIGGER.ID}で、マクロを1つ使用することができます。
深刻度 ボタンをクリックして、目的のトリガー深刻度を設定します。
有効 必要な場合には、このボックスのチェックを外してトリガーを無効にしてください。

依存関係のタブには、すべてのトリガー依存関係属性が表示されます。

[追加]をクリックすることで新しい依存関係は追加できます。

既存のトリガーをオープンし、複製ボタンを押して異なる名前で保存することによって、トリガーを設定することもできます。

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。



Except where otherwise noted, content on this wiki is licensed under the following license: CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
© 2001-2019 by Zabbix SIA. All rights reserved.
-$9マクロが正確に決定します。例えば、「 {HOST.NAME}上で>

Zabbix Documentation 2.2

2.23.04.04.2 (current)In development:4.4 (devel)Unsupported:1.82.02.43.23.4

User Tools

Site Tools

Trace: 1 トリガーの設定
This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

jp:manual:config:triggers:trigger

1 トリガーの設定

概要

トリガーを設定するには、次のことを行ってください。

  • [設定]→[ホスト]を選択
  • ホストの列にある[トリガー]をクリックしてください。
  • 右側の[トリガーの作成]をクリックしてください(または、トリガー名をクリックして、既存トリガーを編集してください)。
  • フォームにトリガーのパラメータを入力してください。

設定

トリガーのタブには、すべての必須トリガー属性があります。

パラメータ説明
名前 トリガー名を設定します。
名称にはサポート対象マクロが使用できます: {HOST.HOST}, {HOST.NAME}, {HOST.CONN}, {HOST.DNS}, {HOST.IP}, {ITEM.VALUE}, {ITEM.LASTVALUE}および{$MACRO}.
$1, $2…$9のマクロを使って、条件式の1番目、2番目….9番目の定数を参照することができます。
)比較的簡潔でわかりやすい条件式における定数を参照する場合には、$1-$9マクロが正確に決定します。例えば、「 {HOST.NAME}上で$1を上回るプロセッサ負荷」の名称は、条件式が{New host:system.cpu.load[percpu,avg1].last(0)}>5の時には、自動的に「新しいホスト上で5を上回るプロセッサ負荷」に変更されます。
条件式 トリガー状態の計算に使用する論理条件式を設定します。
複数の障害イベントの作成 当該オプションをチェックすることによって、トリガーの「障害」評価ごとに、イベントが作成されるように設定します。
説明 当該トリガーについての詳細情報を提供するためのテキストフィールドを設定します。特定の障害の対処方法、責任者の連絡先等を記載することができます。
Zabbix2.2から、説明にトリガー名と同じマクロセットを含めることが可能です。
URL 空白でない場合には、ここで入力したURLは、[監視]→[トリガー]からトリガー名をクリックすると、リンクとして使用することができます。
トリガーURLフィールド-{TRIGGER.ID}で、マクロを1つ使用することができます。
深刻度 ボタンをクリックして、目的のトリガー深刻度を設定します。
有効 必要な場合には、このボックスのチェックを外してトリガーを無効にしてください。

依存関係のタブには、すべてのトリガー依存関係属性が表示されます。

[追加]をクリックすることで新しい依存関係は追加できます。

既存のトリガーをオープンし、複製ボタンを押して異なる名前で保存することによって、トリガーを設定することもできます。

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。



Except where otherwise noted, content on this wiki is licensed under the following license: CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 4.0 International
© 2001-2019 by Zabbix SIA. All rights reserved.
を上回るプロセッサ負荷」の名称は、条件式が{New host:system.cpu.load[percpu,avg1].last(0)}>5の時には 、自動的に「新しいホスト上で5を上回るプロセッサ負荷」に変更されます。
条件式 トリガー状態の計算に使用する論理条件式を設定します。
複数の障害イベントの作成 当該オプションをチェックすることによって、トリガーの「障害」評価ごとに SP TAKEGAWA:SP武川エイプ50・XR50モタード用Sステージ装着車用DENI 18キャブレターキット03-05-0055、イベントが作成されるように設定します。
説明 当該トリガーについての詳細情報を提供するためのテキストフィールドを設定します。特定の障害の対処方法、責任者の連絡先等を記載することができます。
Zabbix2.2から 【メーカー在庫あり】 エスコ ESCO EA701SA-10、20用 静止表面L型センサー(中高温 EA701SA-215 HD店、説明にトリガー名と同じマクロセットを含めることが可能です。
URL 空白でない場合には projectμ(プロジェクト・ミュー)テフロンブレーキライン (ステンレス)アルファード/ヴェルファイア  ANH20W/ANH25W/GGH20W/GGH25W、ここで入力したURLは ヨコハマ DNA ECOS ES300 245/40R18 93W◆エコス 乗用車用サマータイヤ、[監視]→[トリガー]からトリガー名をクリックすると、リンクとして使用することができます。
トリガーURLフィールド-{TRIGGER.ID}で、マクロを1つ使用することができます。
深刻度 ボタンをクリックして、目的のトリガー深刻度を設定します。
有効 必要な場合には シャリオ[D08/D05][S58.2~H3.5]TUFREQルーフキャリア【Pシリーズショートモデル】代引注文不可、このボックスのチェックを外してトリガーを無効にしてください。
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-47050